納骨堂の色々なタイプ

cemetery at the foot of the mountain

現在の都市部や市街地などでは墓地不足の問題があり、それを解消するべく省スペース型のお墓として納骨堂が設立されてきています。そして設立する上で現代人のニーズに合わせて改良を行ってきました。そんな納骨堂で遺骨を安置する時に様々なタイプの納骨堂が整備されています。それぞれのタイプによって利用者にとってのメリットがありますので、納骨堂の施設見学の時などにどのタイプが自分にあっているかを検討し遺骨を安置しましょう。
大体の納骨堂にあるタイプはロッカー式や棚などのタイプです。コインロッカーみたいに区分けされており、それぞれに骨壷を安置し普段は扉を付けて保管されています。このタイプは安置する時の費用が比較的安い費用で利用ができます。また、ロッカーのように同じ大きさの棚が集約されているので、お参りに来た時はそこからお骨を出してくれる場合と参拝スペースを設けてそこで参拝する納骨堂などもあります。
もう一つは仏壇型のタイプです。この納骨堂は骨壷の一人一人に仏壇を設けてあり、上段が仏壇で下段にお骨を安置するようなスペースを設けてあります。ちなみに仏壇型以外にも霊廟型とも呼ばれています。仏壇型のタイプは個別のスペースがしっかり設けられているので遺影やお花なども飾る事や家族で継承もできます。
また、近年では自動搬送型の納骨堂もあります。これはコンピュータ制御で自動的に遺骨が運搬されているシステムの納骨堂で利用者に専用のカードを渡し、機会を操作する事で遺骨が運搬され参拝に来た利用者のもとへ運んできてくれます。また、参拝の時に持っていく線香やお花を事前に用意してくれているので手ぶらで参拝に来れるメリットがあります。ハイテクなのでお墓のマンションとも呼ばれたりもしています。
それぞれのタイプの納骨堂の中でどういう風に故人を休ませてあげようかを検討し選んでいくと良いでしょう。

Copyright © 2016 新しい形の故人の終の住みか、納骨堂について. All Rights Reserved | Design by W3layouts